カタログスタンドを活用しましょう!

オフィス・店舗・イベント会場などで見かけることが多いカタログスタンド。カタログを手に取ってもらうためにぜひ活用したいところです。製品によっては持ち運びが楽なタイプがあり使い勝手が良いです。

カタログスタンドを購入するときはここがポイント!

no.1

持ち運びのしやすさをチェックする

イベント会場などでカタログスタンドを設置する場合、持ち運びやすさが大きなポイントです。そこで、折りたたみ式のカタログスタンドを使うと良いでしょう。

no.2

大量にカタログを収納したい

たくさんの種類のカタログを大量に置きたい場合は、大量収納型のカタログスタンドがピッタリです。特に不動産会社や旅行代理店などで活躍します。

no.3

お客の興味を惹きつけたい

展示ブースや映画館など、お客の興味を惹きつけたい場所であれば、ポスター掲示付きのカタログスタンドも選択肢の1つです。遠くから見ても目立つのでアピール効果は大きいです。

no.4

設置スペースを節約したいなら

店舗やオフィスによっては、カタログを置くスペースが限られています。そのような場合、壁面ラックタイプのカタログスタンドならば場所を有効活用できます。

no.5

お客の目線にカタログを近づけたい

お客の目線に合わせてカウンターなどにカタログを置きたい場合は、卓上型のカタログスタンドがとても役に立ちます。

チラシスタンド

場所を選ばず宣伝できる

新しいサービスや商品に興味を持ってもらいたくても、宣伝活動が上手くいかない事に悩まされている企業におすすめなのが、好きな場所に設置できるカタログスタンドです。大きさなども好みのものを選ぶ事ができて、街中やイベント会場などに設置できます。カタログを並べるためのスペースだけでなく、ポスターを貼り付けるためのスペースなども用意できて、ポスターに書かれている文字などをアピールしたい時にも便利だと好評です。まずはポスターを見てもらう事で興味を持ってもらい、その後にカタログを手に取ってもらうという流れをスムーズに作れます。カタログスタンド自体が軽量なために、専用のスタッフなどを雇わなくても気軽に運搬できるのも魅力の一つです、キャスターが取り付けられているタイプもあるので、本体を持ち上げずに押したまま移動ができるのも便利だと言われています。

スペースを取らないデザイン

大きなカタログを配布したくてもスペースに余裕が無いので、どこにカタログスタンドを飾り付ければいいのか分からない時には、壁掛けタイプの製品が役立ちます。薄型のカタログスタンドを壁にかけておく事によって、地面のスペースを余らせたままカタログを配布する事が可能です。本体の重量が軽いために簡単に壁にかける事ができますし、折り畳み式のカタログスタンドなどもスペースを取らない点が評価されています。折り畳んで持ち運ぶ事ができる手軽さと、スタンドを利用しない時に保管する場所に困らないのも魅力の一つです。卓上のスペースを利用してカタログを配布できるように、卓上タイプのカタログスタンドなども販売されており、小型であっても数多くの冊子を飾る事ができます。ポスターを掲示できる製品なども評価されていて、存在感の大きさが話題となっています。

広告募集中